ARTISTS

第三弾発表アーティスト(A to Z)

ET-KING

et-king500333

1999年に結成し、2006年にメジャー・デビューを果たしたET-KING。
メジャーデビュー後は東京で共同生活を送りながら、
音楽活動を続けてきた。
結成15年を迎えた2014年、メンバーそれぞれが
1アーティストとしてのスキルを伸ばしていくための
「充電期間」として活動休止を宣言。
「ET-KING 結成15周年記念全国ツアー ~おまえとおったらおもろいわ!~」の最終公演を持って「充電期間」に突入した。

2015年7月、1年2ヶ月の充電期間を経て、『新生ET-KING』として、自分たちが育った街、ここ大阪から再始動を果たす。
メンバーTENNの想いを胸に、
メンバーはそれぞれがスキルアップした姿を届けていく。
「歌は手紙。」ET-KINGからみんなにあてた手紙を
メロディーに乗せて届けていく。
歌を耳にした人を一瞬にして取り込むメッセージ性、
またヒップホップを中心にさまざまな要素を
取り入れたサウンドプロダクションで、多くの人へ「手紙」を届ける。

LEO

leo500375

1stアルバム「ONE VOICE」は新人では異例のiTunes総合9位を記録。
代表曲「愛しくて」は、YouTube再生数170万を突破。
近年では、数千人規模の大型野外フェスにも多数出演し、
TEE&シェネルとのコラボ曲がスマッシュヒットを記録。
昨年発表された3rdアルバム「BIRTH」に先駆けてリリースされた
シングル3曲は、シーンの第一線で活躍するTEE、LANCE(ONE☆DRAFT)、 Ms.OOJA、TAK-Zを客演に迎え、先行シングル3作全てiTunes R&Bランキングで1位を獲得した。
中でも「愛してる feat.TEE&LANCE(ONE☆DRAFT)」は現在でもロングヒットを記録し、YouTube再生数は180万回を超えるなど、LEOの唯一無二の歌声は常に進化し続けている。

http://www.leo-onevoice.com/

Natural Radio Station

nrs500333

Sweet VoiceのSinger“Lico Lion”と力強い声のDeejay“勝男” の2人からなるユニット。Reggaeの強いメッセージ性に魅せられた2人は、Reggaeを主体としながらも幅広い音楽性を持ちリリックに強いこだわりを持つ。2006年avex”rhythm zone”が主催すクラブ型最大級オーディション「STARZ」にて約5000組の中から優勝。翌年avexのriddim zoneよりメジャーデビュー。地元拠点にこだわる彼らは、元ソフトバンクホークス川崎宗則選手の入場曲、博多華丸大吉の舞台の出囃子に楽曲を使用されるなど地元福岡で多方面から絶大な支持を得ている。

シクラメン

%e3%82%b7%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%a1%e3%83%b3web500333

東京都大田区出身。
大田区観光PR特使。
兄弟・幼なじみで構成された3MCユニット。
直球ストレートな歌詞。
心に刺さるメロディー。
体全体で表現するライブは一見の価値あり。

逗子三兄弟

%e9%80%97%e5%ad%90500333

神奈川県の湘南・逗子で生まれ育った長男・優己(ユウキ)/次男・大雅(タイガ)/三男・翔馬(ショウマ)からなる実の三兄弟シンガーソングライターユニット。
湘南という地域性とプロドラマーだった父親の影響で、幼い頃から音楽・海と隣り合わせの生活を送り、それぞれバンド活動や作曲家などのキャリアを経て、2009年にデビュー。

ユーミンやサザンオールスターズ等を中心に1970年代から1980年代にかけて流行した「ニュー・ミュージック」から強い影響を受け、湘南フレーバーなアコースティックと現代的なビートやシンセサイザーを基盤としたサウンドに、ノスタルジックな”懐メロ”を乗せて歌う音楽スタイルを確立。
それぞれの個性を活かしたヴォーカルパフォーマンス、そして実の兄弟ならではのハーモニーは絶品。
また作曲・作詞・編曲すべてを自身で手がけ、その卓越したソングライティングにおいては、他アーティストやクリエイター・コンポーザーなど、関係者も含め、各方面から高い評価を得ている。

2011年リリースからロングヒットを記録し、いまや現代のウェディングソングの定番となった『純白の花嫁』をはじめ、『父へ』や『家族レター』など”家族愛”を歌う楽曲も多く、家族へのリアリティー溢れるメッセージがたくさんの感動と共感を呼んでいる。

家族愛と地元愛を持って、現代の「ニュー・ミュージック」を生み出し続ける”次世代の湘南サウンドの継承者”、それが「逗子三兄弟」なのである。

第二弾発表アーティスト(A to Z)

DJ LISA/  FRANKIE PARIS / KEN-U / ONGYA / XTREME

第一弾発表アーティスト(A to Z)

JASMINE

jasmine_apic500375

1989年生まれ。
家族の影響で幼い頃から音楽に慣れ親しみ、ゴスペル、そしてブラックミュージックと出会い、本格的にシンガーになる事を強く決意する。
17歳頃から本格的にシンガー活動をスタートさせた彼女は、その年齢では考えられない驚異的なヴォーカルパフォーマンスと、同世代の気持ち・感情を見事に表現した歌詞ですぐにその名がウワサになり、歌いだして1年あまりでメジャー契約を結ぶ事に。
1st single 『SAD TO SAY』で衝撃的なデビューを飾り、シングルリリース毎にその斬新なサウンドメイク、同世代の気持ちをリアル且つ独創的に表現した歌詞、強烈なインパクトを残すジャケットやビデオクリップも話題に。
ポップスとして驚愕のクオリティーとストリートR&Bのエッセンスが見事に融合し、歌詞の鋭い言葉選びも含め、今までとは全く違う新たな世代のアーティストJASMINEから目が離せない。

KIRA

kira500375

大阪在住、マカオカジノ初の日本人歌手としてショーに出演していた異色の経歴を持ち、豊かな表現力でR&Bのみならず様々なジャンルを自在に行き来する、次世代のシンガーソングライター“KIRA”。
インディーズからリリースした「F.A.N.T.A.S.Y feat. HISATOMI」が、iTunes R&B、レゲエザイオン・チャート共に1位を飾り注目を集める。さらに関西レゲエシーンの最重要人物“RED SPIDER”、日本人レゲエ・アーティスト初グラミー賞にノミネートされた“SPICY CHOCOLATE”、関西を代表するヒップホップDJ/プロデューサーとして全国でも名高い“下拓”等のアルバムや楽曲などにも参加し、自身のアルバムリリースを前に様々なフィールドから話題の存在となる。
そして、満を持して2015年2月4日に1stアルバム『LISTENER KILER』をビクターエンタテインメントよりリリース。初のアルバムながらオリコン・デイリーランキング18位、iTunes総合アルバムチャート10位を記録。同アルバムに収録される楽曲「ナデシコSOUL REMIX feat. MINMI」が、全国16局のラジオ局でパワープレイを獲得。
また歌唱力、ライブ・パフォーマンスに定評があり “HIGHEST MOUNTAIN 2015”、“Sunset Live 2015”、“SOUL REBEL 2015 ~逆襲~”等、年間約100本以上のステージに出演する。
その魅了する天性のハスキーヴォイス、歌唱力/ステージ・パフォーマンス、ファッション、そして幅広いジャンルの感性を持ち、SNSを通じて中高生から新世代の歌姫として絶大な支持を受けている。

寿君

寿君500375

レゲエ激戦区関西エリアからスキルを磨き、確実に現場を盛り上げる鉄板ボーイ寿君(コトブキクン)!
2006年1月、出身地である奈良県にてRUB A DUBでMICを握り「MOUNTAIN KING」と名乗りを挙げる!
持ち前の独特なメロディーラインと積極的な行動力を武器に関西を中心に活動。分かりやすいストレートなリリックを磨きDEEJAY CLASHでの優勝経験やLIVE SHOW等の高評価が話題を呼び、さらなる進化を遂げる為2010年 2月、「寿君」に名前を改名!
YOU TUBEにアップされたPV『SEASON IN SUMMER』は320万再生、『オレトオレバ』130万再生『SING A SONG FOR YOU』150万再生と続々100万再生越えを記録し、確実に関西エリアから全国へとその名を轟かした寿君は『コトブキイズム~DR.BEATZ COLLECTION~』『出会いの,,,』と2枚のフルアルバムをリリースしロングセラーに!
2014年リリースの9曲入りのミニアルバム『オレノキュウキョク』はオリコン週間ランキング総合11位を記録しこちらもロングセラーに!先行シングルとなった『オレガヤレバ』はiTunes総合3位を記録!
一度聞いたら虜になる中毒性の高い歌声とキャッチーなメロディー。誰もが共感してしまうストリートなリリックを武器にヒット曲を量産、ここ数年でまさにレゲエシーンの期待の星となった鉄板ボーイ=寿君、今やその勢いは止まらず、現場主義者の鉄板ボーイとして各地のDANCE HALLを揺るがす注目すべき実力派アーティスト!!

LUI BRAND

lui500375

母がフィリピン人でありファミリーネームがルイ、名前がブランドであることから『LUI BRAND(ルイブランド)』とアーティスト名にしている。

京橋をただ純粋に盛り上げようという想いを込めて、『京橋だっせ』をベロニカで開催し、最高280人動員した。その後にも不定期だが開催し各種メディアにも取り上げられた。
この時にもう一度音楽で上を目指すことを決意、新たなるLUI BRANDとしてのアーティスト活動を再スタートさせた。
それから、DEMO CDを持ってあらゆるクラブへ足を運び、同じ中学の先輩である下拓との出会いが、大きく変わらせた。
レギュラーイベントを全て辞めて、ウクレレを片手にストリートライブを始める。
このときに、CASINO891のPAM PAM[ハーモニカ]とCOOPERATIONのJUN[カホン]も一緒に賛同してくれて、ゴリジェイ891としてアコースティックライブも勢力的に行っている。
2015年4月よりロッカーズアイランドよりリディムをフリー解放し、歌を乗せて応募する企画【RIDDIM ISLAND特別企画「RIDDIM JACK」】に『ダイエット』という曲で応募し、TUCKER賞を受賞。
さらに2016年6月にはRISKY DICEの初のコンピレーションアルバム、『僕らは歌を唄うグループでは、ありません! vol.1 ~楽をしたけりゃ苦もウェルカム~』の6曲目にDIZZLEとのコンビネーションMy Angelという曲で参加。
さらにRIDDIM JACK企画第二弾、ISLAND LOVE RIDDIMにも選ばれている。
アコースティックスタイルもダンスホールスタイルもこなすLUI BRANDだが、怖そうな見た目からは想像もつかない甘いハイトーンボイスで、多くの人を魅了する。
今後の動きに目が離せない。

Matt Cab

matt_apic_500375

YouTubeの総再生回数2,000万回を誇る、 サンフランシスコ出身、 日本在住のシンガー・ソングライター。 その透き通った歌声が話題になり、 2010年には1stアルバム『The One』(2010.09.02)を発表。

2013年にはワーナーミュージック・ジャパンより、 メジャー・デビューアルバム『ONGAKU』(2013.09.03)をリリース。
インディーズ時代のアルバムも含め3作全てがiTunes R&Bアルバム・チャートで1位を獲得。 これまでにフィーチャリングで共演したアーティストはm-flo、 AK-69、 MACO、 シェネル、 DAISHI DANCE、 安田レイ等多数。 また、 ソングライター/プロデューサーとしても積極的に活動しており、 w-inds.、 防弾少年団やCrystal Kay feat. 安室奈美恵「REVOLUTION」、 和田アキ子のニューアルバム『WADASOUL』等、 数多くのアーティストに作品を提供している。 YouTube Music Awards「世界のクリエイター50人」に唯一日本から選ばれ、 ニューヨークで開催されたYouTube Music Awardsに出演。
また、 iTunes R&Bチャート1位を獲得した DOBERMAN INFINITYのSWAY を迎えた 「Call Your Name」などを収録のメジャー2ndアルバム「春夏秋冬」(2015.10.7)をリリース。 そして今年2016年、 活動の場をユニバーサル ミュージックに移し、 桐谷健太扮する“浦島太郎”が歌う大ヒット曲「海の声」の英語カバーを収録したニューアルバム『ONGAKU2』(2016.07.27)をリリース。

 http://www.youtube.com/mattcabtv
 http://www.twitter.com/mattcab
 http://www.facebook.com/mattcabmusic
 https://www.instagram.com/therealmattcab/

RISKY DICE

RISKYDICE500375

レペゼン大阪を誇りに、世界を股にかけ”DEADLY SOUND=命がけのサウンド”の名の下に活動を続ける熱い男たち。
08年にニューヨークで結成し、同時にBROOKLYNの名物DANCE`WAH GWAAN WEDENSDAY`にて約1年に渡り
09年帰国と同時に日本での活動を本格的に開始、国内・海外のSOUND CLASH, COMPETITIONにも積極的に参加し、その存在をアピールしてきた。
大阪バイブス全開のアホなライブパフォーマンスで、毎夜会場をリスキーダイスの色に染め続けている!

下拓

下拓500375

90年代、HIPHOPシーン内外での良質なパーティーをリアルタイムで体感する貴重な経験を経て、2002年には関西最大級のHIPHOPパーティー「OSAKA SAFARI」をDJ GEORGEと共にプロデュース、 同パーティーは2011年現在、関西圏を越えて「TOKYO SAFARI」として不定期開催中、都内でも好評を得るなど、名実共に全国区の知名度を誇るBIG PARTYへと育て上げ、2011年には全国ツアーを成功させる。そして大阪HIPHOPシーンの聖地クラブ「AZURE」の土曜日のメインDJを10年つとめるなど、関西有数のTOP DJとして活躍する。
そして2007年からは活動の拠点を東京へと移し、2008、2009、2013年には「SPRING GROOVE」にも出演し、さらにUSENでMICHAEL JACKSON MIXを担当するなど、クラブ・シーンを超えたフィールドへ活動範囲を広げる。
2010年からは、プロデューサーとしても活動をはじめ、TARO SOUL、KEN THE 390、COMA-CHI、SKY-HI(AAA)、SWAY、MAY J、日之内エミ、宏実、BOXER KID、PETERMANなどに楽曲提供し、横浜アリーナで開催された「BEAT CONNECTION 2010」のタイアップ・ソング『Heart Beat / TARO SOUL & KEN THE 390 feat.May J.』の楽曲をもプロデュースしている。
2013年にはこれまでの活動で培ったセンス、人脈を活かし、「下拓」名義で第一弾にSHINGO★西成、DABO、BESを迎えた『DON`T FORGET』、第二弾にKIRA、CHEHONとの『LIFE GOES ON』、第三弾には、GAZZILA、JAGGLA、HIDADDY、遊戯、ISSEI 、ARMSTRONGを迎えた『Kansaiiii 下拓Remix』、第四弾では、KIRA、KOPERU、APOLLOを迎えた『HEY!!!!』をリリースさせ、どの楽曲もインディーズながらiTunesのジャンル別チャートで必ず上位にランクインさせる。
そして2014年10月22日にメジャー第1弾配信シングル『ロック・ザ・パーティー feat. SWAY, Staxx T(CREAM), APOLLO, 寿君, KIRA』をリリースし、iTunes HIP HOPチャート、レゲエザイオン・チャート共に1位を獲得!「DJ」のNEXT LEVEL無限の可能性を感じさせる数少ないアーティストの一人として、大注目を集める逸材である。

O.A(オープニングアクト)MIRACLE

miracle_apic500332

オーディション通過アーティスト

千里

%e5%8d%83%e9%87%8c500375

WAKANA

wakana

WHY NOT?

why-not500375

BBエンジェル

bb%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%82%99%e3%82%a7%e3%83%ab500375

sLAmmin’chick

slamminchick500375

LUMINAS

luminas500375